Skip to main content

当社の存在意義と使命:私たちの戦略のなかで

最新情報
Description

当社の存在意義とは?そして、それを日々の業務にどう反映させていくか?ヴィルモランみかどは2つの課題に取り組んでいます。

「ヴィルモランみかどは、野菜のフードチェーンを担うパートナーとして、世界中のあらゆる場所で、人々のより良い食生活を支援しています。」

このメッセージはヴィルモランみかどの存在意義を確実にお伝えするために検討して選び抜いたものです。この存在意義はヴィルモランみかどの全従業員の日々の業務と行動指針を表現しています。

ヴィルモランみかどが世界の種苗業者として長い歴史を誇る理由がここにあります。

日仏に起源をもつ会社であることも当社がグローバル企業である証です。ヴィルモランみかどは5大陸12か国で事業を展開し、従業員の国籍は25か国と多岐にわたり、あらゆるタイプの農業に対応する野菜品種を提供して、様々な市場の消費需要にお応えします。

「持続可能な野菜生産のためのソリューションを生み出し、我々の従業員やあらゆるパートナーと共に世界中で成長していきます」
私たちのミッションは、ヴィルモランみかどの存在意義を表しています。

 

私たちは当社の付加価値が高く、高品質の野菜種子と同様に、高い技術と経験を提供して参ります。そして、長期的な研究開発に研究投資、反映していくことで、より良い新品種をコンスタントに商品化する会社でありたいと思います。

私どもが提案したソリューションが長期間継続できるのも、お客様とお互いを認め合い、付加価値を生みだすよう配慮する緊密なパートナーシップのおかげです。
それぞれのお客様とともに従業員一人一人が、起業家精神と主体性を持つことで連携が実現します。ヴィルモランみかどはお客様と従業員が世界のあらゆる地域で発信する提案を支援します。そしてこの発想と行動がヴィルモランみかどの発展と私たちを囲む農業バリューチェーンの価値を高めていくと信じています。