Skip to main content

Vilmorin-Mikado、IHC 2022 で協力

最新情報
Description

ヴィルモランみかどは、本年8月14日から20日までアンジェで開催される、第31回国際園芸学会議に協賛しています。

IHCは4年ごとに、異なる大陸で開催されます。2018年のイスタンブールでの会議に続き、今年はフランス、アンジェで開催されます。園芸分野の研究者、学生、企業関係者など、数千名の参加者が一堂に会する主要なイベントです。

ヴィルモランみかどはこの地域で活動する企業として、また種苗にかかわる革新的な国際企業として、この会議に協賛いたします。この機会に、第一線で活躍する研究者の皆様に種苗会社の企業活動を紹介していきます。

IHC

工場訪問

ヴィルモランみかどは、私たちののビジネスと最新の革新を出席者に発表するために、会議全体を通してスタンドを設置します。特に、ニンジンのシスト線虫耐性をもつニンジン品種 テラピュ―ル(Terapur)を減農薬対策としてご紹介いたします。


8月17日水曜日の午後、ヴィルモランみかどの工場において、本会議の 16 の技術ツアーの 1 つを提供します。参加者ご希望の方は、野菜の種子の生産をテーマとしたラ・メニトレ(La Ménitré) サイト見学の登録が必要です。

factory